タウンガイド | 地域情報コミュニティ

  街の情報満載・簡単検索・地域コミュニティ
 タウンガイド | タウンガイド情報満載


大阪府(おおさかふ)は、近畿地方に属する日本の都道府県の一つ。


大阪
[ タウンガイド大阪 | タウンガイド堺 | タウンガイド東大阪 | タウンガイド枚方 | タウンガイド豊中 | タウンガイド吹田 | タウンガイド高槻 | タウンガイド八尾 | タウンガイド茨木
| タウンガイド寝屋川 | タウンガイド岸和田 | タウンガイド和泉 | タウンガイド守口 | タウンガイド箕面 | タウンガイド門真 | タウンガイド大東 | タウンガイド松原
| タウンガイド富田林 | タウンガイド羽曳野 | タウンガイド河内長野 | タウンガイド池田 | タウンガイド泉佐野 ]

地方

近畿地方

団体コード 27000-8
ISO 3166-2:JP JP-27
面積 1,897.86km2
※境界未定部分あり
総人口 8,839,168
(推計人口、2010年7月1日)
人口密度 4,660人/km2
隣接都道府県 奈良県、和歌山県、京都府、兵庫県
県の木 イチョウ
県の花 ウメ
サクラソウ
県の鳥 モズ
他のシンボル 静岡県歌:あけゆく朝
静岡賛歌:富士よ夢よ友よ
県民の日:8月21日
府庁所在地 〒540-8570
大阪府大阪市中央区大手前二丁目1番22号

府庁の所在地は大阪市。かつての河内国、和泉国、摂津国東半分と丹波国の一部からなる。近畿地方の行政・経済・文化・交通の中心にして、日本第2の都市であり、アジア有数の世界都市。県内総生産は、東京都に次いで全国第2位。

古代日本の中心地であり、仁徳天皇の難波高津宮、、継体天皇が即位した樟葉宮、大化の改新に際し孝徳天皇の難波長柄豊碕宮(前期難波宮)、奈良時代に聖武天皇の難波京(後期難波宮)が造営された。また、長岡京遷都まで一貫して陪都(副都)としても使用された。府内には古代の天皇陵が数多く遺されている。

古くは「浪速(なみはや)」、「難波(なにわ)」、中世には「小坂(おさか)(おざか)」、「大坂(おさか)(おざか)」と変遷し、明治に至って「大阪(おおさか)」と改められた。「坂」は台地の坂に付けられた名前に由来すると言われている。

地理

大阪府は、近畿地方の中部に位置し、京都府・奈良県・兵庫県・和歌山県と接する。古くから上方へ通じる水上交通の要地である。南西部は大阪湾。

かつては最も狭い都道府県であったが、国土地理院が面積の算定法を見直して香川県の面積が減少したため、1988年に46位となった。一般に「関西国際空港が出来たから大阪府の面積が増え、香川県の面積を追い抜いた」と認識されているが、両府県の面積が逆転したのは関西国際空港の開港前である


気候

大阪府内全域が瀬戸内海式気候に属する。年間を通して温暖である。都心部ではヒートアイランドが顕著で夜間の気温が下がりにくく、最低気温が25℃を下回らない熱帯夜の多さは本州随一で、近年は鹿児島市に迫るほどに増加している。また北摂地方では、日中、大阪市内で蓄熱された空気が、大阪湾からの南西から西寄りの風に乗って北摂山地の麓に集束し、非常に高温になる時がある。

また、非常に限られた範囲で短時間の集中豪雨が多く、時間雨量(1時間の総雨量ではなく、雨の強さの単位)が100mmを超えることもしばしばある。大阪市の降雪日数は15.4日で、東京都内より多く、名古屋市とほぼ同じである。因みに大阪の降雪は、南岸低気圧の通過による降雪よりも、冬型気圧配置の時に生じる小規模の降雪によるものが多い。しかし、0.5cm以上の積雪日数1.9日は鹿児島市(降雪日数5.9日)と同日数で、降雪日数の割に積雪日数は非常に少ない(日数は平年値)。1mm以上の降水が観測される降水日数は、大阪市で菜種梅雨に相当する3・4月、走り梅雨に相当する5月、梅雨に相当する6・7月、秋雨に相当する9月を除く6ヶ月間で、1ヶ月あたり9日未満となっている。

歴史

[近代以前]
大阪府は、かつての令制国での和泉国、河内国、及び摂津国の東部にまたがる地域を占めている(なお、現在は越境合併により丹波国の一部も含む)。

古代から瀬戸内海を経る航路の終着点として住吉大社(大阪市住吉区)近くの日本最古の国際港[要出典]の住吉津が機能しており、住吉津は大和王権と深いつながりがあり、住吉津を管理していた住吉大社は大和王権直属の社だった。大仙陵古墳(仁徳天皇陵。堺市)を始めとする百舌鳥古墳群や古市古墳群等大小多数の古墳が、河内地域を中心に造営されたのは、この時期である。日本最古の官寺である四天王寺(大阪市天王寺区)が593年に造営され、また大化の改新後に即位した孝徳天皇の難波長柄豊碕宮(大阪市中央区)は日本最初の本格的な首都とされる。その後も聖武天皇の難波京などのように都や副都が度々置かれていた。

平安時代においては、淀川の河口に位置するこの地は京都と水運で結ばれ、この水運を介しての関係はその後明治時代に鉄道が敷設されるまで続くことになる。平安時代初期に征夷大将軍の坂上田村麻呂の三男の坂上広野が摂津国住吉郡平野庄(大阪市平野区)の領主となり、その子孫といわれる坂上氏の一族が中世の平野の自治を担った。

平安中期になって、源満仲の長男頼光が摂津の多田(現兵庫県川西市付近)を、三男頼信が河内の壺井(現在の羽曳野市)をそれぞれ拠点とした。この内、頼信の河内源氏が有力となり、頼信の孫の「八幡太郎」として知られる源義家は坂東武者を従えて武家の棟梁となり、大阪府の南河内は武家の中心地となる。この源義家の四代後の子孫が鎌倉幕府を開く源頼朝である。また、源頼光にはじまる摂津源氏の郎党で、嵯峨源氏の源融の流れを汲む渡辺綱を祖とする渡辺氏は、現在の中之島近くの渡辺津を本拠地とした。

平安時代後期には、河内の中部にあった元春日とよばれた枚岡神社の神主から武士団となった水走氏一族がでて、大和川やその支流の水運を支配して大きな勢力となった。

鎌倉時代末期から南北朝時代にかけて、河内に悪党と呼ばれた在地豪族の楠木正成が出て活躍した。正成を初めとする楠木氏は南朝方の有力武将として河内により度々足利尊氏ら北朝と戦ったが、正成は湊川の戦いで、その子正行も四條畷の戦いで戦死するなどし、やがて勢力を弱めた。室町時代に入ると摂津・和泉には細川氏が、河内には畠山氏がそれぞれ守護に任ぜられた。ただ両家とも幕府の三管領家に名を連ねる家柄であり、実際の政務は配下の守護代が執り行うことが多かった。なお後に肥後国熊本藩々主となる細川氏は、和泉守護を務めた分家筋に当たる。

応仁の乱後、戦国時代に入ると、細川氏・畠山氏共に家督を巡る争いから混乱を極めた。この時期、堺は会合衆と呼ばれる富裕な町衆を中心に自治都市を形成しており、それまでの兵庫湊に代わり日明貿易の中継港として隆盛、茶の湯などの文化を育てている。平野もまた坂上田村麻呂の子の坂上広野の子孫といわれる末吉氏を筆頭とする平野七名家を軸に町衆による自治都市として栄え、また摂津の石山には法華信者との争いから京都を去った浄土真宗の蓮如が石山本願寺を建立した。一方、新たにこの地域で力を持ったのは細川氏の家臣、阿波国出身の三好氏であり、一時は将軍の後ろ盾となるほどの勢力を誇ったものの、三好長慶の死後は矢張り家内の争いによって力を弱め、その後台頭してきた織田信長に屈服した。この地域における勢力を拡大する信長に対して浄土真宗の宗主であった顕如は全国の信徒に蜂起を呼びかけ、また自らも石山本願寺に篭って織田勢と対決した。この石山合戦は10年にも及ぶが、最終的には1580年(天正八年)に本願寺を開け渡すことで終結を迎えた。

信長の死後その領土を継承した豊臣秀吉は、石山本願寺の跡地に自らの居城となる大坂城の築城を開始した。この城は、淀川と大和川の河口である事に由来する地形を利用しており、城下町までも堀で囲って城の一部とする惣構の作りをした巨大なものであった。その無類の堅固さは大坂冬の陣で証明され、結局この時、寄せ手は惣構内部に進入することができなかった。しかし、その後の夏の陣までの間に堀は埋め立てられて、城も機能を失い、この戦いによって豊臣氏は滅亡した。

江戸時代に入ると、大坂は全国の経済・商業の一大中心地として繁栄し、「天下の台所」と称された。全国からの航路が集まる大坂には、諸藩の蔵屋敷が立ち並び、また諸国からの物産の集積地でもあったためそれらを扱う大商人も登場した。中でも年貢米の集積地であった堂島では、世界初の公設先物取引所たる「堂島米会所」が開かれた。そうした環境の中で様々な芸術も成長・発展を遂げ、いわゆる上方文化が熟成され、浮世絵草子の井原西鶴や劇作家の近松門左衛門といった文筆家や、上田秋成・富永仲基ら多数の優秀な学者を輩出した。また同時代に興った上村文楽軒の芝居を起源とする文楽(大阪人形浄瑠璃芝居)は2009年に「ユネスコ世界無形文化遺産」に登録されている。1837年(天保8年)には陽明学者で私塾洗心洞を構えていた大塩平八郎が窮民救済のために大塩平八郎の乱を起こした。幕末、緒方洪庵が開いていた適塾からは福澤諭吉や大村益次郎、大鳥圭介など後の明治を代表する才覚を生み出した。【戸時代に置かれた藩は幕府直轄として大坂城(摂津国)があり、高槻藩、麻田藩、河内国には丹南藩、狭山藩が、和泉国には伯太藩、岸和田藩があった。】

[明治初年の地方制度の変遷]
1868年(慶応4年)1月22日大坂鎮台設置。同年1月27日大坂鎮台を大坂裁判所と改称。同年5月2日大阪府設置。同年5月19日奈良県設置。同年6月22日堺県設置。1869年(明治2年)8月2日河内県を堺県に編入合併。同年12月26日狭山藩を堺県に編入合併。1871年(明治4年)7月14日廃藩置県。同年11月20日高槻県、麻田県を大阪府に編入合併。1872年1月2日(明治4年11月22日)岸和田県・伯太県・吉見県・丹南県と五條県の一部を堺県に編入合併。1876年(明治9年)4月18日奈良県を堺県に編入合併。1881年(明治14年)2月7日堺県を大阪府に編入合併。1887年(明治20年)11月4日奈良県を(再)設置。(1873年までの月日は旧暦、現奈良県地域については概略)

[近代以降]

明治維新後は、首都機能が京都から東京へと移ったことおよび、蔵屋敷が不要になったことなどもあって一時的に衰えを見せた。しかし、繊維関係を始めとする軽工業部門を中心に商工業が発展し、「東洋のマンチェスター」や「東洋一の商工地」[要出典]と称せられ、現在も大企業として存続する企業が勃興しメセナが活発に行われた。この時代は「阪神間モダニズム」と呼ばれる。

戦時中は、尼崎の機械工場、中央区の造幣局、中心地の商業地区、港湾施設への徹底的な爆撃のため、都市は灰燼(かいじん)に帰した。また、この時期空襲を避ける目的で府下に工場移転が行われ、それは戦後の衛星都市での産業の基盤になった。

戦後、高度経済成長期に入ると、阪神工業地帯内でも軽工業の比率が高かった大阪府下の経済は閉塞的な様相を見せるようになった。当時の花形産業だった重工業も、大阪砲兵工廠がなくなったことにより大打撃を受け(その補完機能としての中小企業は多かったし、それをルーツとする企業もまだ現在も残ってはいるが)、大阪府の遠浅の海岸線では誘致および大型化が難しかったこと(その証拠に、阪神間など大型船の入りやすい箇所に多数、重工業は存在している)、また公害対策でその他の土地に移転させたこと、さらに造船業に至っては戦後から長らく続く造船不況などが特に中小規模の商船を直撃したことなどが原因と言われている。

また、戦後の法整備から、大阪独自の奉公人制度も衰退し、商都の軸足も東京へと移動した。これによって、官には頼らないという土性骨(どしょうっぽね ど根性)により大阪文化を支えていた富裕層からの寄付が減り、貧弱な官主導のため、文化水準は大幅に低下した。

これらに追い打ちをかけるように、1964年に工場等制限法(近畿圏の既成都市区域における工場等の制限に関する法律)、1972年に工業再配置促進法、1973年に工場立地法といった、いわゆる工場三法が次々と制定された。さらに1966年には中部圏開発整備法が制定され、製造業が近畿圏から中京圏へ流出するきっかけとなり、大阪にとって打撃となった。

こうした中、1970年に吹田市の千里丘陵で日本万国博覧会が開催された。これは東京オリンピックとあわせて戦後日本の復興を象徴する出来事とされている。なおこの時の会場は、現在万博記念公園として整備されている。

1995年の阪神・淡路大震災では、大阪市では震度4程度で直接的な被害は少なかったが、豊中市などの地域では強い地震に見舞われ死者9名を出すなど、家屋への大きな被害が発生した。その他、ライフラインの途絶や交通機関の麻痺など少なからず影響を受けた。現在も和歌山沖、および北摂で微小な群発地震が観測されている。

テレビなどでは昔ながらの下町や個性的なおばちゃんのイメージが強いが、本来の大阪文化は富裕層らの商人の都市文化であった。都心の1つである梅田・中之島周辺では上海やシンガポールなどに次ぐ世界9位(日本1位)のスカイライン(2009年7月時点 スカイラインは超高層ビル群によって形成される都市の迫力、魅力ある景観)を持ち[3]大規模なオフィス街が広がり、ビル街は40を越す高層ビルが林立し、日本最大の高層ビル密集地域となっている。昭和の終わりまでは、古い商家も点在したが、現在ではほとんど見られない。さらに、明治大正昭和初期の鉄筋建築も老朽化のため逐次姿を消す。

2008年夏季オリンピックに立候補するも、2001年7月のIOC総会で落選(詳細)。2002年にFIFAワールドカップが長居スタジアムで開催された。開催試合はイングランド戦や決勝トーナメントを決めた日本戦並びに準々決勝。

かつては、都道府県で東京都に次ぐ第2の人口だったが、2006年5月1日に神奈川県が大阪府の人口を上回ったため、現在の人口は第3位である。しかし、昼間人口は、現在でも東京都に次いで2番目である。その理由の一つとして、首都圏と同様に通勤圏の兵庫県や奈良県、和歌山県など、、地価が安い郊外の住宅を購入し、そこへ移り住んだということが考えられている。また、全国第46位という小さな面積であるため、人口密度は東京に次ぐ全国第2位。可住地面積比率は69.4%と日本で最も高い。

2007年には、大阪市の長居スタジアムで2007年世界陸上選手権が開催された。スポーツの国際大会として世界の多くの人々が大阪へ泊りがけで訪れた。府は、この大会を通じて、改めて大阪の街を世界にアピールできたとしている。

 


ローカルニュース
森友学園が計画の小学校「児童集まるのか」大阪府審議会:朝日新聞 ... - 朝日新聞
森友学園の幼稚園指導法、文科相「大阪府に報告求める」 - 朝日新聞
収賄罪の大阪大学大学院教授 起訴内容認める - NHK
ガ大阪、敵地で3発 3ボランチが機能 サッカーACL - 朝日新聞
災害時に弁当供給協定 大阪府とハークスレイ - 日本経済新聞
G大阪、9年ぶりのアジア制覇へ好発進…敵地でアデレード・Uに3得点快勝 - SOCCER KING
大阪維新、清水元アナを擁立方針 - 毎日新聞
西日本ジェイアールバス、大阪・なんば〜高松線や京都〜徳島線でダイヤ改正など - トラベル Watch
中東から逃れドラえもんの国へ…大阪の施設に初の入居者 - 朝日新聞
橋下徹「小池さんの東京大改革と大阪都構想の政治姿勢はここが似ている」 - PRESIDENT Online
大阪〜上海クルーズ、15万8千円から 大阪・横浜発着の大型客船「スーパースターヴァーゴ」周航 - 産経ニュース
【G大阪】3発快勝!192センチ長沢「通天閣ヘッド」健太監督に恩返しV弾 - スポーツ報知
万博の大阪誘致、経産省が推進本部を設置 - 朝日新聞
【C大阪】清武、開幕戦欠場濃厚 尹監督「状態が完璧じゃない」 - スポーツ報知
大阪城が目の前に広がる屋上レストラン「THE LANDMARK SQUARE ... - T-SITEニュース
テレビ大阪開局35周年!!三田村邦彦、萬田久子ら人気番組の出演者たちが大集合!! - 時事通信
サッカーACL、G大阪白星発進 川崎は引き分け - 朝日新聞
大阪エヴェッサ “勝利の歴史へ跳べ!” 映画「アサシン クリード」×大阪エヴェッサタイアッププロモーション決定 - 時事通信
わが町にも歴史あり・知られざる大阪 - 毎日新聞
8億円減額の根拠示せず 国側 - 毎日新聞
共産・元大阪府議を刑事告訴 政活費を私的流用容疑 - 朝日新聞
『ホテル大阪ベイタワー』港のモンブランケーキ「てんぽーざん」販売 - 時事通信
大阪桐蔭・中川、尊敬する兄と同じ舞台へ 選抜優勝誓う - 朝日新聞
小学校給食に針とくぎ 大阪・吹田 - 産経ニュース
大阪府警銃器対策部隊「ART」テロ対策訓練 - 毎日放送
C大阪・清武「しっかりと上位にあげられるようにしたい」 柿谷らと大阪市役所を表敬訪問 - サンケイスポーツ
大阪の折り紙老舗が破産=明治創業の大与紙工 - 時事通信
プレミアムフライデー 大阪でも盛り上げ商戦 - 大阪日日新聞
中古マンションの1月価格 東京都心や大阪で下落 割高感響く :日本経済 ... - 日本経済新聞
「大阪環状線×ぶちうま!やまぐちフェア」を開催 - 時事通信



タウンガイドスマホ
[タウンガイドスマホ]
無料GPS電話帳MAP

携帯電話で見る
タウンガイドモバイル

お天気情報


格安コンタクトレンズ通販 | レンズワールド




 
運営会社 | 利用案内 | リンクについて | 広告掲載 | タウンマネージャー募集 | タウンオーナー募集 | 他のエリア |
タウンガイド | タウンガイド情報満載・簡単検索
Copyright タウンガイド 2009 All rights reserved.
当サイト内のすべての画像,記事、コンテンツの転用を禁じる。